持続可能な社会

Sustainability

2011年の東日本大震災を契機に、地域の資源を地域で循環する自給圏づくりを推進してきました。バイオディーゼル(BDF)の生産、農・林業、そして都市と地方の連携など、研究所では、先進事例の紹介や、地域でつながりあう経済・社会の「見える化」に取り組んでいます。日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会では、2050年までに全加盟組織の事業活動で使う電力を自然エネルギーへ転換する目標を掲げています。