Endowed Courses

寄付講座

ワーカーズコープ 寄附講座

社会の分断と孤立が広がる一方で、人と人が協同して働くことや、地域を豊かにする価値や機会が失われています。若い世代と考えあうために、大学での寄付講座を2015年から始めました。対話を大切にしながら、学生は「働くことの意味」や「仕事おこし」、「持続可能な地域や社会づくり」についてグループに分かれてワークショップ形式で話し合います。

講座終了後、自ら社会をつくる当事者・主体者としての視点を持ち始める学生や、どのように働きたいか考え始める学生もいます。今後は、学生自らがワーカーズコープの設立に関わり、学生ワーカーズが発足される動きも生まれています。

「ワーカーズコープ寄附講座」で大切にしたい視点

「ワーカーズコープ寄附講座」で大切にしたい視点

大学教員

  • 多様な経験を持つ講師が学生の多様な学びを保障する。
  • 地域、社会との連携を促し、大学と地域社会をつなげる。

学生

  • 自らの働く意味、生きる意味を考える。
  • 地域の魅力、課題と出会う。
  • 社会の事実と出会う。

大学教員

  • 学生自身がワーカーズコープをつくるモデルづくり。
  • 協同労働の共同組合の理念、実践を若者に広げる。
  • ワーカーズコープへの入団、参加。

寄附講座

教育活動

全ての記事を見る