第326号(2020年1月号)

労働者協同組合の設立運動の展望②

巻頭言

労協法の制定により働く場での民主主義と 基本的人権を享受できる事業体を作り出す運動が広がる ~協同労働の重要な軸~
岡安 喜三郎

特集

労働者協同組合の設立運動の展望②
特集にあたって
相良 孝雄
法制化時代における労働者協同組合の社会化戦略(協同労働のリーダーによる座談会)
利根川 德/大場 寛/岡田 俊介/川原 隆哲/竹森 鉄/馬場 義竜/古村 伸宏/相良 孝雄
若者(大学生)から見たワーカーズコープの協同労働と法制化後の可能性
渡邉 隼人/六角 帆花/中澤 宏音/鬼頭 翔一(明治大学大高研道ゼミナール3年生)
法制化時代に、「労働者協同組合」とその運動を全国に推進するために ―協同労働推進ネットワーク・協同労働プラットフォームの確立を―
田嶋 康利 
『協同ではたらくガイドブック(入門編)』をもとに、労働者協同組合の設立において考えあいたいこと
相良 孝雄

海外レポート

【第2回】サンフランシスコ・ベイエリアにおける労働者協同組合の現状②
松本 典子

会員だより

「普通の会社」からWSDEへ ―とある「研究者」の考察―
工藤 靖顕 

労協連だより

髙成田 健

研究所だより・活動日誌

協同総研一同