◎ 古村 伸宏   人類の生存危機から問う協同総研2030
◎ 中村 賢一/髙橋 靖典
  自由と自発性、徹底的に多様性を認める -藤野の取り組みから見る、新しい山村の姿-
◎ デイサービス「そらまめ」の取り組み -福島からの避難者との交流から始まった事業所
◎ 玉木 信博   未来への胎動 エコビレッジの考察から
◎ 渡口 政也   「“小農・森林ワーカーズ”全国ネットワーク」発足に向けて
◎ 佐々木 政行   「小農・森林ワーカーズ」の展開方向を考える

■巻頭言
岡村 信秀   人間の尊厳と協同を根幹に新たなシステムの形成をめざして
■海外レポート
田中 夏子   コミュニティ協同組合を考える2
イタリア視察調査報告~イヴァン・ストメオ(Ivan STOMEO)氏(メルピニャーノ市長、Cooperativa di Comunità di Melpignano設立者)のインタビューを中心に~
■会員だより
蔦谷 栄一   急がれる持続可能な農業への転換
■協同の広場
相良 孝雄   第3回川崎平右衛門顕彰会・研究会報告
– 「人類生存の危機」の時代だからこそ、人間性の復興として協同・共同体をつくる-

ご注文はこちら