311

差別・排除に抗して共に生き、共に働くこと

○利根川 德 社会連帯フォーラム「相模原事件をあなたは覚えていますか?障碍者と共に人間の価値を真から問い直す」 ~11月、劇団態変・東京講演に向けて~ 報告

○松本 裕文 「釜ヶ崎における差別・排除の実情から」 ~釜ヶ崎支援機構は、仕事づくり・社会参加の活性化により、自由の新たな価値づけと再生をめざす~

○荒井 絵理菜 ふじみ野 緊急フォーラム

誰も排除しないお互い様の働き方で子どもと大人、地域が変わる

パネルディスカッション 若者たちの語りから

○小林 文恵 閉鎖対象事業所からの出発・仕事おこし・場づくり

○松本 賢二 一時生活支援事業から考える協同労働の可能性

■協同の広場

平川 克美 第1回ふくろう社会連帯カレッジ「人口減少時代の社会デザイン」

■会員だより

菰田レエ也 「協同」実践の一つとしての「伴走」

■巻頭言

下村 幸仁 分断と社会的排除のない社会の実現に向けて 「分断と排除」社会への抗い

一覧に戻る