291

中間的就労と協同労働研究(中間報告)

○生活困窮者自立支援に取り組むワーカーズコープの課題と論点

―「中間的就労」から「中間的労働市場」の形成へ― 大高 研道

○自立・就労支援政策の転換による、インクルーシブな社会づくりへ 古村 伸宏

○生活困窮者自立支援事業の実施状況

― 制度見直しに向けた論点整理検討会の議論を踏まえて― 扶蘓 文重

○ワーカーズコープが取組む「共に生き、共に働く」実践報告

– 東京都内の実践を中心に– 北川 裕士

○社会的困難にある人びとの生活保障に関する制度・政策の変遷

― 自立・就労政策を中心に― 田嶋 康利

資料「ともに働き、ともに生きる」実践団体との連携

■海外レポート

社会的協同組合国際スクール(SCIS)2016 参加報告 相良 孝雄

■協同の広場

地域の自給圏の創造に向けて– 埼玉協同・連帯ネットワークの取り組み– 齋藤 弘明

■ワーカーズコープで働く若手リーダー紹介(第9回)

「地域に根差す」を目標に 田村 芳恵

■巻頭言

協同の教育を通じた協同の倫理の共有を目指して

―グローバリズム・コントラ・プロテクショニズムを超えて― 走井 洋一

一覧に戻る