一般社団法人 協同総合研究所
2022年度 協同総合研究所総会記念フォーラム

「協同労働」の多元的な価値と可能性を考える
~研究者と実践者の協同研究がはじまる~

チラシはこちらから

■開催主旨
2022年10月1日、労働者協同組合法が施行されます。協同総研の研究活動も新たな段階を迎え、その中心的なテーマである「協同労働」をより広く、より深く研究していくためには、研究者と実践者が共に参加する研究の場づくりが大切だと考えます。これまでも協同総研は、両者をつなぐ役割を担ってきましたが、今後さらに研究者と実践者をむすんだ協同研究を進めていくために、本フォーラムをその第一歩と位置づけました。
今回は、協同総研の理事3名の方にそれぞれの研究分野(専門分野)と「協同労働」の接点、「協同労働」への関心などについてご報告いただき、それに対して、協同労同の実践者3名の方から一緒に研究したい・深めたいポイントについてコメントいただき、お互いの問題意識を出し合いながら両者の協同による研究活動の可能性を探っていきます。
はじめての試みとなるため展開は予測不能ですが、楽しい3時間となること請け合いです。乞うご期待!

■開催日時・場所
日時 2022年6月25日(土)13:30~16:30
場所 労協連本部8階(〒170-0013豊島区東池袋1-44-3池袋ISPタマビル)+オンライン ハイブリット開催
参加費 無料

■登壇者
報告者(協同総研理事の皆さん)
・朝倉景樹さん
雫穿大学代表 / エスノグラフィ―、社会構築主義をテーマに国内外で実践と研究を行う
・酒井京子さん
大阪市職業リハビリテーションセンター所長 / 寛容性のある社会を取り戻すことがテーマに障害者就労支援に従事
・木原奈穂子さん
鳥取大学講師 / 農業経営学を専門に農村での地域コミュニティの設立と運営等の研究を行う

コメント(ワーカーズコープ実践者の皆さん)
・玉木信博さん(センター事業団専務補佐)
・扶蘓文重さん(センター事業団東京三多摩・山梨事業本部長)
・馬場義竜さん(はんしんワーカーズコープ代表理事)

コーディネーター
・藤本穣彦さん(明治大学准教授/常任理事)

■タイムスケジュール案
13:30 開会
     はじめに(趣旨と進行) 藤本穣彦
13:40 報告① 朝倉景樹
14:00 報告② 酒井京子
14:20 報告③ 木原奈穂子
14:40 コメント① 玉木信博
14:50 コメント② 扶蘓文重
15:00 コメント③ 馬場義竜
15:10 休憩
15:25 ディスカッション
16:25 閉会挨拶 古村伸宏(副理事長)
16:30 閉会

【参加申込】
6月22日(木)まで
こちらよりお申し込みください

【連絡先】 
一般社団法人 協同総合研究所
〒170-0013東京都豊島区東池袋1-44-3池袋ISPタマビル7F
Tel: 03-6907-8033 Fax: 03-6907-8034
E-mail: kyodoken@roukyou.gr.jp 担当:荒井・岩城